12月に出産を控え、夫の休みの際にベビー用品の下見にいく日も増えてきました。が・・・昨今のベビー用品って結構高価なものが多いんですね。これまで子どもに無縁で生きてきましたので、軽いカルチャーショックを受けています。

少子化ということもあり、お店には高価で高性能で魅力的な商品が並んでいます。ですが、1人しか使わない、しかも、すぐ使わなくなるものに何万円もするものを選ぶというのは庶民の私には簡単ではなく、もらえるものは貰い、代用できるものは代用できないか、とやりくりに頭を痛める毎日です。

それでも、細々といろんなものが重なっていくとどうしても出費がかさんでいくものです。その上、妊娠を機に会社員から在宅仕事に切り替えたので、以前に比べ収入も不安定でこのままで乗り切れるのかと不安に駆られることもあります。しかし、不思議なことに出費が重なるとその分お仕事が舞い込んでくるのです。

支出と売上で差し引き0くらいのため結局、手元には残らないのですがおかげで少なくとも不安感は解消され、出産準備を進めることができています。お金を回すことで巡ってくるという経済の基本の「き」を体感する今日この頃です。

Comments are closed.