先日、地元に帰省しました。

高校卒業まで暮らしていたこの街は、
美術館も、映画館も、デパートもありません。
コンサートも当然見れないような場所でした。

コンビニができたのも、わりと最近の話です。
「東京とは言わない。

でも、せめてもう少しだけ
都会に生まれたかったなぁ」
などと悲しくなったりする事もありました。

ですが大人になった今、
地元の良さが少しずつわかるようになってきました。
「ここで暮らしたくはない」と思っても、
時々ここに戻って、色々と考えるのって良い事です。

上手く言えませんが、人生を見つめなおす事ができるような気がします。

街は相変わらずさびれてゆく一方ですが、
完璧に嫌いになれないものですね。

これからもやっぱり、ここに来てしまうのでしょう…

Comments are closed.